コロンビアがポーランドに1-0リードで後半へ 負傷交代のアクシデントもミナが先制弾

ミナ(右)のゴールでコロンビアが先制!【写真:Getty Images】
ミナ(右)のゴールでコロンビアが先制!【写真:Getty Images】

前半40分にセットプレーからミナがゴールを奪取

 ロシア・ワールドカップ(W杯)グループHのポーランド対コロンビアの一戦が現地時間24日に行われ、コロンビアが1-0とリードして前半を折り返した。

 直前に行われた日本対セネガルの試合結果を受け、互いに負ければ敗退が決まるなかで欧州と南米の両雄が激突した。ポーランドは主将でエースのFWロベルト・レバンドフスキを初戦に続き最前線に起用。さらに初戦でゴールを奪ったグジェゴシュ・クリホビアクが先発に名を連ねた。一方、コロンビアは日本戦でベンチスタートだったMFハメス・ロドリゲスを先発起用。FWラダメル・ファルカオやFWファン・キンテーロがスタートからピッチに立った。

 立ち上がりからボールを握ったのはコロンビアだ。前から圧力をかけて中盤でボールを奪取すると、両ワイドを効果的に利用して攻撃を構築。そこにハメスやファルカオを絡ませてゴールに近づいていく。前半23分には右サイドを崩し、キンテーロのパスにDFサンティアゴ・アリアスが抜け出したが、クロスは中央と合わなかった。

 試合を優位に進めたコロンビアだが、前半32分にアクシデントが襲う。中盤で献身的なプレーを見せていたMFアベル・アギラールが負傷。前半の内にMFマテウス・ウリベとの交代を余儀なくされてしまった。

 それでも前半35分にFWフアン・クアドラードがミドルシュートを放つなど、コロンビアが優勢に試合を進めると、同40分に右サイドのCKから最後はハメスのクロスにDFジェリー・ミナが合わせてゴールイン。勝利が欲しい両者の対決は、コロンビアがリードを奪って後半へと折り返すこととなった。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング