「W杯で最もダメージを与える」 コロンビア代表監督、セットプレーでの2失点に悲嘆

コロンビア代表ぺケルマン監督は、セットプレーでの2失点を嘆いている【写真:Getty Images】
コロンビア代表ぺケルマン監督は、セットプレーでの2失点を嘆いている【写真:Getty Images】

ペケルマン監督は数的劣勢を後悔「数的不利で一試合戦うことはとても困難」

 コロンビア代表は19日にロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦で日本に1-2で敗戦。ホセ・ペケルマン監督は試合後、前半3分にMFカルロス・サンチェスがレッドカードを受けたスピード退場劇を嘆いた。コロンビア紙「エル・ティエンポ」が報じている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 ゲームプランはわずか3分で崩れた。MF香川真司のシュートをサンチェスが右手を上げてストップ。W杯史上2番目に速い一発退場でPKから先制を許した。

「彼らはボールを支配し始めた。我々は奪えなかった。キンテーロが疲れてしまって、イスキエルドとファルカオへのパスを失ってしまった」

 ペケルマン監督は左足ふくらはぎを痛めた影響で先発落ちしたMFハメス・ロドリゲスを途中起用したが、戦況は変わらなかった。

「我々には多彩さが必要だった。前半は合理的に終わった。みんな偉大な奮闘を見せてくれた。数的不利で一試合戦うことはとても困難で、とても疲労困憊するものなんだ」

 ペケルマン監督は奮闘した選手たちを擁護したが、「彼らはセットプレーで我々を倒した。W杯で最もダメージを与えるのはこれなんだ」とPK、CKでの失点を悔やんだ。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング