「受け入れがたい」 不覚の王者ドイツ、レーブ監督もショック「パニックにならず…」

メキシコ代表に敗れ、ドイツ代表のレーブ監督もショックを隠せないようだ【写真:Getty Images】
メキシコ代表に敗れ、ドイツ代表のレーブ監督もショックを隠せないようだ【写真:Getty Images】

前半35分に失点を喫し、そのままノーゴールで敗戦 「慌てていた面もある」

 ロシア・ワールドカップ(W杯)のグループリーグ初戦で王者ドイツがメキシコに0-1で敗れる波乱が起きた。ドイツを率いて3度目のW杯となるヨアヒム・レーブ監督は試合後の会見で、この敗戦を「受け入れがたい」と振り返った。

 試合はメキシコがドイツを完全攻略。徹底したプレスでビルドアップ能力の高いDFマッツ・フンメルスや司令塔のMFトニ・クロースに自由を与えず、DFジェローム・ボアテングにボールをもたせるゲームプランを遂行。積極的にオーバーラップを仕掛ける右サイドバックのDFジョシュア・キミッヒの背後を突くカウンターも冴え渡った。

 そして前半35分にはPSVでプレーするFWイルビング・ロサーノのゴールが決まり、これが決勝点となってドイツは0-1で敗れた。試合後の会見でレーブ監督は、「とても残念だ。初戦を負けたのだからね。受け入れがたい」と肩を落とした。

「前半はとても悪い出来だった。いつも通りのプレーができず、パスも攻撃も効果的でなく、多くのカウンターを受けた。ボールを失い、広く開いたギャップを使われた。後半はいくつか枠内シュートもあったが、フィニッシュの局面で落ち着きを欠き、慌てていた面もある」

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング