本田が力説「ぶっつけ本番に強い人・弱い人」 W杯3大会連続弾へ「自分ならできる」

自身三度目のW杯を迎える本田【写真:Getty Images】
自身三度目のW杯を迎える本田【写真:Getty Images】

“持っている男”本田が持論、W杯3大会連続のグループリーグ初戦ゴールに期待

 日本代表は19日にロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦のコロンビア戦を控えるなか、17日にベースキャンプ地のカザンでトレーニングを行った。自身三度目のW杯を迎える本田は、過去2大会連続でゴールを決めるなど“持っている男”ぶりを発揮してきたが、「ぶっつけ本番に強い人・弱い人」の違いについて持論を展開している。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 本田は2010年南アフリカW杯で初出場すると、グループリーグ初戦のカメルーン戦(1-0)で決勝弾をマーク。第3戦のデンマーク戦(3-1)では衝撃の無回転FKを叩き込んで世界を震撼させた。そして2014年ブラジル大会でも、グループリーグ初戦のコートジボワール戦で先制点を決める活躍を見せた。

 2大会連続でグループリーグ初戦に結果を残すなど、大舞台での勝負強さを発揮している本田。そんな自身を振り返りつつ、「ぶっつけ本番に強い人・弱い人っていると思うんですけど……」と両者の違いについて口を開いている。

「それって、これまでのバックグラウンド、環境がそういう能力を自然と身につけさせたと思う。僕はたまたまラッキーで、育った環境がそういうプレッシャーの中で生きることが多かった」

 自身で“ラッキー”と表現する環境が、本田を「ぶっつけ本番に強い男」に育て上げた。ロシアW杯で、3試合連続グループリーグ初戦ゴールの期待も懸かる。“持っている男”は、初戦を前に何を思うのか。

「自分ならできると自分に自信を与えるじゃないけど、自問自答しながらやっていきたい」

 W杯に向けてポジティブなワードを自分の中に落とし込むと公言していた男は、そうして自らの準備を進めている。ベンチスタートとも予想されるなか、果たしてここ一番の勝負強さを再び発揮するのだろうか。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング