「判断ミス」日本代表GKも衝撃、守護神デ・ヘアの痛恨プレー分析「足が無難」

ポルトガル対スペインについて東口が持論を展開【写真:Getty Images】
ポルトガル対スペインについて東口が持論を展開【写真:Getty Images】

「結果論」と前置きしつつ、GK東口がスペイン代表GKデ・ヘアの対応に言及

 14日のロシア・ワールドカップ(W杯)が開幕し、15日にはグループリーグ注目カードの一つであるポルトガル対スペイン(3-3)が行なわれた。この試合でスペインのGKダビド・デ・ヘアがまさかのポロリで後逸から失点。そのミスは大きな注目を集めたなか、日本代表GKも独自視点で分析。「足で弾き出すのが無難」と持論を展開した。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 ポルトガルが開始4分にFWクリスティアーノ・ロナウドのPKで先制した試合は、前半24分にFWジエゴ・コスタが同点弾を決めて振り出しに戻った。そして1-1で迎えた同44分、スペインの名手デ・ヘアがまさかのミスを犯してしまう。ロナウドが放った低弾道の強烈シュートはデ・ヘアの正面に飛んだが、これを止め切れずに後方にボールをこぼし、そのままゴールに吸い込まれた。

 結果的にロナウドのハットトリックで3-3ドローに終わった一戦だが、デ・ヘアのミスが試合の流れに影響を及ぼしている。このプレーに触れたのが日本代表GK東口だ。

 あくまで「結果論」と前置きしながらも、「足で弾き出すのが無難じゃないかなと思う」と指摘。さらに「(ロナウドの)シュートの振りが早かったと思う。振りが早い分、手が間に合わなかった」とデ・ヘアの対応を分析した。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング