フランス対豪州戦でW杯史上初のVAR判定でPK宣告! 歴史的なゴールが生まれる

W杯で初導入されたVAR【写真:Getty Images】
W杯で初導入されたVAR【写真:Getty Images】

主審は一度流すも映像を確認しPK判定 グリーズマンが決めてフランスが先制

 ワールドカップ(W杯)でロシア大会から導入されたビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)制度で、初めて試合を止めて主審が映像を確認する場面が訪れ、フランスにPKが与えられた。

 フランス対オーストラリアの一戦、後半10分にその場面は起きた。中盤でフランス代表MFポール・ポグバが前を向くとスルーパスを供給。そして、FWアントワーヌ・グリーズマンが抜け出したところをオーストラリアDFジョシュア・リスドンが倒した。

 ウルグアイ人のアンドレス・クーニャ主審はノーファウルの判定でゲームを流したが、VARからのアドバイスで試合を止めて映像確認を行った。そして、あらためてPKの判定となり、これをグリーズマン自らが決めた。

 これまでの大会であれば、主審がノーファウルとした時点でPKとなる可能性はなかったが、VARによる確認でスコアがハッキリと動いた歴史的な瞬間になった。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング