長友の完全移籍交渉は難航 ガラタサライ、インテルとの“要求格差”は2億6000万円

長友のガラタサライへの完全移籍交渉は難航しているようだ【写真:Getty Images】
長友のガラタサライへの完全移籍交渉は難航しているようだ【写真:Getty Images】

ガラタサライの提示額はインテルが要求した5億2000万円の半額

 ガラタサライの日本代表DF長友佑都は今年1月にインテルから期限付き移籍で加入すると、左サイドバックのレギュラーとしてリーグ優勝に貢献した。その去就が注目されるなか、移籍金に大きな開きがあり、完全移籍の交渉が難航していることが分かった。イタリアのサッカー情報サイト「ジャンルカ・ディマルツィオ・コム」が報じている。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 インテルとガラタサライの間で交渉が行われたが、長友の完全移籍は合意に達しなかったという。

 理由は移籍金の格差だ。記事では、インテルが移籍金400万ユーロ(約5億2000万円)を求めたのに対し、ガラタサライは半額にあたる200万ユーロ(約2億6000万円)を主張したことを伝えている。トルコ移籍後、リーグ戦15試合連続出場を果たすなど、リーグ優勝に貢献したダイナモを巡って両者の評価が分かれているようだ。

 近日中に再交渉が行われる模様だが、2億6000万円という金額の溝は埋まるのだろうか。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング