怪物ロナウドが恒例「歴代ベスト11」選出 “後輩”クリロナ落選が話題「居場所なし」

ロナウド氏は近年、自身がセレクトした「歴代ベストイレブン」を発表するのが恒例となっている【写真:Getty Images】
ロナウド氏は近年、自身がセレクトした「歴代ベストイレブン」を発表するのが恒例となっている【写真:Getty Images】

ブラジル代表とイタリア代表の名選手で構成 マルディーニはCB起用

 元ブラジル代表FWの“怪物”ことロナウドは近年、自身がセレクトした「歴代ベストイレブン」を発表するのが恒例となっている。最新の2018年度版では、レアル・マドリードの“後輩”であるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが落選。スペイン国内でも大きな話題を呼んでいる。

 スペインではレアルとバルセロナの名門2クラブでプレーしたロナウド氏は、レアルのアンバサダーを務めている身だが、歴代ベストイレブンからは史上最多タイのバロンドール受賞5回を誇る“白い巨人”のエースを選外とした。

 システムは4-4-2。GKはユベントスの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン、4バックは右から元ブラジル代表DFカフー、元イタリア代表DFパオロ・マルディーニ、同DFファビオ・カンナバーロ、元ブラジル代表DFロベルト・カルロスが並んだ。

 レアルとブラジル代表で同僚だったロベルト・カルロスを左サイドバックで選んだため、マルディーニはセンターバックでの登場となっている。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング