本田、ガーナ戦は「結果は想定外、内容は想定内」 W杯選出に自信「入ると思っている」

本田、W杯選出に自信【写真:Getty Images】
本田、W杯選出に自信【写真:Getty Images】

シャドーで先発して積極的にゴールを狙うも…「サッカーの怖さを思い知った負け方」

 ロシア・ワールドカップ(W杯)前、国内最後の一戦でも本田圭佑(パチューカ)は“らしさ”を崩さなかった。ガーナ戦で0-2の完敗を喫し、本番への危機的ムードはさらに高まっているが、試合後のミックスゾーンで「結果は想定外、内容は想定内」と語っている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 バヒド・ハリルホジッチ監督体制下、そしてACミランやパチューカでの本田は右ウイングが定位置だったが、西野朗新監督に授けられたのは3-4-2-1の右シャドーだった。試合開始8分で先制点を許す苦しい展開となったが、本田は日本代表では久々のブレ球FKや、CKからシュートを放つなど、必死にゴールを狙った。

「結果は想定外、内容は想定内という感じです。結果に関しては勝ちたかったのが本音ですし、何よりも負け方がサッカーの怖さを思い知った負け方。でも、これで負けるのがサッカーなんで」

 本田はこのように話した。西野ジャパンが国内合宿をスタートさせたのは各国リーグ戦終了後で、チーム立ち上げから約10日しか経っていない。それを考えれば熟成度は高まっておらず、内容面で苦しいことは承知の上だった。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング