川崎MF中村、芸術的な“カーブFK弾”炸裂 今季初となる1試合2得点の大暴れ

中村憲剛が清水戦で2ゴールを奪う大活躍を見せた【写真:荒川祐史】
中村憲剛が清水戦で2ゴールを奪う大活躍を見せた【写真:荒川祐史】

相手GKの逆を突く巧みな一撃 中断期前ラストゲームで2ゴールを奪う

 J1川崎フロンターレは20日のリーグ第15節で清水エスパルスと対戦し、3-0で勝利した。エースのFW小林悠を故障で欠くなか、司令塔のMF中村憲剛が2ゴールの大活躍。なかでも、先制点をもたらした芸術的なFKは“らしさ”が凝縮された一撃だった。

 前半19分、ペナルティーエリア手前中央でFKを獲得した川崎は、中村がキッカーを担当。右足を振り抜いたシュートは、壁の上を越えると綺麗なカーブを描いて鋭く落ち、ゴールに突き刺さった。清水GK六反勇治は逆に動き出そうとステップしており、シュートに反応できず。「DAZN」公式ツイッターは「これが”川崎Fのバンディエラ”だ!」と動画付きで速報した。

 さらに2-0で迎えた後半12分には、相手のビルドアップをかっさらった中村がペナルティーエリア内に侵入。一度はシュートを阻まれるも、こぼれ球を拾って流し込み、自身2点目、チーム3点目を奪って勝利を決定づけた。

 川崎はそのまま3-0で勝利。中断期前ラストゲームで37歳のバンディエラは眩いばかりの輝きを放った。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング