マルセロ息子、レアル12選手との“ヘディングチャレンジ”が反響拡大「神話になる」

マルセロが自身のSNSで、息子の驚愕テクニックを公開した【写真:Getty Images】
マルセロが自身のSNSで、息子の驚愕テクニックを公開した【写真:Getty Images】

8歳のエンゾくんとレアルの12選手たちがヘディングパス交換

 スペインの名門レアル・マドリードに所属するブラジル代表DFマルセロの息子が、レアルの選手12人と共同で驚愕のテクニックを披露。マルセロが自身の公式インスタグラムで動画を公開し、海外ファンの間でも「いずれ神話になる」「スーパーチャイルド」と反響は拡大している。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 ブラジルサッカー連盟は14日、6月のロシア・ワールドカップ(W杯)に臨むブラジル代表23名を発表。エースのネイマール(パリ・サンジェルマン)はもちろん、マルセロも自身2度目となる大舞台のメンバーに順当に選ばれた。

 そんなマルセロの愛息エンゾくんが、レアルの選手たちとタッグを組んで圧巻のスキルを見せた。マルセロが公式インスタグラムで公開した動画は、レアルのロッカールームに8歳のエンゾくんが立ち、レアルの選手たちがずらりと椅子に腰掛けている場面からスタートする。

 端に座っていたフランス人DFテオ・エルナンデスがふわりとボールを投げ、エンゾくんがヘディングでリターンパスをすると、ここから“ショー”が始まった。二人目のブラジル代表MFカゼミーロがヘディングで返し、エンゾくんもそのままヘディングで戻す。そのままボールを落とさずに交互にヘディングリフティングを続け、途中で父親のマルセロともパス交換。そのまま11人連続成功となり、最後はレアルの主将DFセルヒオ・ラモスと交換し、エンゾくんが白いボックスにヘディングシュートを放った。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング