プレミア「歴代ベストチーム10」を英誌選出 “無敵軍団”を抑えて1位に輝いたのは?

2015-16シーズンに、“奇跡の優勝”を果たした岡崎所属のレスターが8位にランクインした【写真:Getty Images】
2015-16シーズンに、“奇跡の優勝”を果たした岡崎所属のレスターが8位にランクインした【写真:Getty Images】

“奇跡の優勝”を果たした岡崎所属の2015-16シーズンのレスターが8位にランクイン

 マンチェスター・シティは現地時間13日のプレミア最終節のサウサンプトン戦に1-0で勝利し、リーグ新記録となる勝ち点100を達成。今季のリーグ優勝に花を添え、最高のシーズンの幕を下ろした。そんなシティの驚異的な結果を踏まえ、英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」は、プレミアリーグの「歴代ベストチームトップ10」を選定。FW岡崎慎司が“奇跡の優勝”に貢献した2015-16シーズンのレスターが8位に入るなか、記録ラッシュを見せた今季のシティが堂々のトップに輝いた。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、今季からCL・ELも放送することをご存知ですか?

 プレミアリーグは1992年にイングランドのプロサッカーリーグの改編に伴い、フットボールリーグから分離して新設。20年以上が経過したなかで、同誌は歴代の優勝チームの中からベストチームをランク付けした。

 10位には2007-08シーズンのマンチェスター・ユナイテッドがランクイン。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(現レアル・マドリード)や元アルゼンチン代表FWカルロス・テベス(現ボカ・ジュニアーズ)、そして元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(現エバートン)を擁した攻撃は破壊力抜群で、元韓国代表MFパク・チソンなど汗かき役も多く、「洗練された」チームだったと紹介されている。

 8位には誰もが予期せぬ優勝を果たした15-16シーズンのレスターだ。岡崎と2トップを組んだイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディの連続得点記録更新やアルジェリア代表MFリヤド・マフレズの活躍、フランス代表MFエンゴロ・カンテ(現チェルシー)の覚醒など、各選手が出色のパフォーマンスを見せたことで最高の結果を残した。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング