メッシ、悲願の代表タイトルへ “W杯優勝”の野心激白「チャンピオンになりたい」

アルゼンチン代表FWメッシ【写真:Getty Images】
アルゼンチン代表FWメッシ【写真:Getty Images】

2014年ブラジルW杯は準優勝、16年にはPK失敗の責任を感じて一時代表引退を決意

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)にとって、6月に控えるロシア・ワールドカップ(W杯)は渇望し続けてきた代表でのタイトル獲得の最大のチャンスとなる。大会期間中に31歳を迎える本人にとってもその決意は固いようで、母国のテレビ局「TyC Sports」でのインタビューで思いを語っている。

【PR】DAZNでサッカーを楽しもう!初月の無料期間でまずは体験!

 所属するバルサでは数々のタイトルを勝ち取ってきたメッシだが、アルゼンチン代表では栄光に恵まれないのは知られるところだ。W杯初出場となった2006年ドイツ大会、ディエゴ・マラドーナ監督が率いた2010年南アフリカ大会、そして準優勝に終わった2014年ブラジル大会と最後に悔しさを味わった。

 また2016年のコパ・アメリカ・センテナリオ決勝ではPK戦での失敗に責任を感じ、一時代表引退を決意。ロシアW杯出場権がギリギリだった状況もあり、アルゼンチン国中から“辞めないでメッシ”の大合唱が起きたことは記憶に新しい。

「僕らにとってそこ(優勝)に辿り着くのは歴史的にも値することだと思う。直近のW杯に辿り着くために多くのことを費やしてきた。これは義務ではなく、そこに辿り着きたいという野心なんだよ。僕らはロシアでチャンピオンになりたい」

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング