悪童バロテッリ、“惜別”の30mミドル弾にニースファン残留切望 「我々の希望の星」

フランス1部ニースのイタリア代表FWマリオ・バロテッリ【写真:Getty Images】
フランス1部ニースのイタリア代表FWマリオ・バロテッリ【写真:Getty Images】

本拠地ラストゲームのカーン戦で地を這うグラウンダーショットを突き刺す

 フランス1部ニースのイタリア代表FWマリオ・バロテッリは、現地時間12日のリーグ・アン第37節カーン戦で2ゴールを挙げて4-1の勝利に貢献。今季本拠地ラストゲームを彩る30mミドル弾に「なんて傑作だ」と称賛の声が挙がっている。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 前半開始3分、バロテッリは敵陣で相手のクリアボールを拾うと、目の前のスペースがあると見るやすかさず右足を振り抜いた。シュートはブロックやコースに入ろうとしたマーカーの間をすり抜け、地を這うようなグラウンダーの軌道でワンバウンドしてゴール左隅に突き刺さった。

 ニース公式ツイッターは、「ゴーーール! マリオ・バロテッリのなんて傑作だ。30メートルの距離からボールをネットに叩き込んだ!」とエースの得点を速報した。

 バロテッリは前半10分にも冷静にPKを決め、リーグ4位タイとなる今季18得点目。その後もニースはFWアラン・サン=マクシマン、コートジボワール代表FWジャン・ミシェル・セリがゴールを決めて、今季本拠地ラストゲームを4-1の勝利で飾った。

 ニースとの契約が今季限りで満了を迎え、セリエAやブンデスリーガ、ロシア・リーグ行きなどが噂されているバロテッリ。本人はイタリア復帰を希望しているとされ、退団となればカーン戦がホームでの最後の雄姿となるだけに、ニース公式ツイッターが試合後にファンと交流する写真を投稿すると、「君はいつだってクールだ」「我々の希望の星であり続けてくれ」「偉大な働き」「マリオとニースは素晴らしい関係だった」と残留を願う声が多数寄せられた。

 バロテッリはリバプールやミランで結果を残せず、2016年夏に移籍金ゼロでニースへ移籍。1年目に17得点、2年目の今季も18得点を挙げるなど復活を印象づけた。果たして、27歳の悪童は来季どのクラブのユニフォームを着ているのだろうか。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング