C大阪FW柿谷、絶妙フェイントからの切り返し弾に称賛 「マジでジーニアスやん」

柿谷が鮮やかな個人技から先制弾を叩き込んだ【写真:Getty Images】
柿谷が鮮やかな個人技から先制弾を叩き込んだ【写真:Getty Images】

長崎戦で対峙したDFに尻もちを突かせるほどの切れ味鋭い個人技を披露

 J1セレッソ大阪は5日、リーグ第13節でV・ファーレン長崎で対戦。今季リーグ戦最多タイとなる3ゴールを奪い、3-1で3試合ぶりの勝利を飾った。なかでも、試合を動かしたC大阪FW柿谷曜一朗の鮮やかな個人技からの先制弾には、「マジでジーニアスやん」と感嘆の声が上がっている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 0-0で迎えた前半30分、C大阪は敵陣左サイドでFW高木俊幸からパスを受けた柿谷がドリブル突破。軽快なステップとボールタッチで相手をいなし、ペナルティーエリア内左から崩しにかかると、最後はGKとの1対1もコースを冷静に見極めてシュートを流し込んだ。

 スピードに乗るなか、シュートフェイントからの絶妙な切り返しに、長崎DF高杉亮太はバランスを崩して尻もちをついてしまった。

「DAZN」公式ツイッターは、「ジーニアス柿谷曜一朗! 巧みなドリブルからGKとの1対1を冷静に決める!」と動画付きで投稿。「マジでジーニアスやん」とファンも“巧みすぎるテクニック”に脱帽している様子だった。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング