バルサ、「MSGトリオ」結成へ秒読み段階か グリーズマン獲得をスアレスが示唆

グリーズマン、今夏の移籍市場でバルサ移籍は既定路線か【写真:Getty Images】
グリーズマン、今夏の移籍市場でバルサ移籍は既定路線か【写真:Getty Images】

アトレチコの仏代表FWグリーズマン、今夏の移籍市場でバルサ移籍は既定路線か

 最強を誇った「MSNトリオ」解体から1年、「MSGトリオ」結成が秒読みに近づいているのか――。今夏の移籍市場で噂されるビッグディールの一つが、アトレチコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンのバルサ移籍だ。たびたびメディアを賑わせているが、スペイン紙「スポルト」によるとウルグアイ代表FWルイス・スアレスがウルグアイのラジオ局にグリーズマン獲得は既定路線であることを示唆したようだ。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 スアレスがインタビューに答えたのは母国の「ラジオ・リンコン」。バルサがリーガ・エスパニョーラ制覇を決めたこともあり、スアレスの口も滑らかだったようだ。

「アントワーヌのようなクオリティーの選手を連れてくれるクラブに誇りを持っているよ。デンベレ、コウチーニョが来てくれたみたいにね。彼は大きなものを持っている選手で、何年にもわたって最高峰のレベルでプレーし、闘ってきた。アトレチコを支配し、土台となっている」

 MSNトリオ(リオネル・メッシ、スアレス、ネイマール)の強力3トップで猛威を振るったバルサだが、昨夏にネイマールがパリ・サンジェルマン(PSG)移籍に約293億円で移籍。その資金を元手に、フランス代表FWウスマン・デンベレ、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョを獲得した。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング