興梠とオリヴェイラ、浦和で再び輝く“元鹿島”の絆 「信じてついていけば上位に行ける」

興梠とオリヴェイラ、浦和で再び輝く“元鹿島”の絆 【写真:Getty Images & Football ZONE web】
興梠とオリヴェイラ、浦和で再び輝く“元鹿島”の絆 【写真:Getty Images & Football ZONE web】

興梠が川崎戦で2ゴール、“恩師”オリヴェイラ監督に浦和初白星をプレゼント

 若き日を知るストライカーにプレゼントされた勝利に、指揮官の顔がほころんだ。浦和レッズのオズワルド・オリヴェイラ監督は、2日のJ1リーグ第12節、川崎フロンターレ戦での2-0の勝利で、浦和の監督就任から3戦目にして初勝利を挙げた。そのゴールはいずれも、鹿島アントラーズ時代に指揮していたFW興梠慎三によるものだった。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 興梠は2005年に鵬翔高校から鹿島に加入し、オリヴェイラ監督が鹿島の監督になったのは07年だった。プロ3年目のストライカーの当時について、オリヴェイラ監督は「興梠には愛着がある。彼がまだ非常に若い時、7番手のFWだった。彼の能力に賭けて良かった」と振り返る。その言葉通り、オリヴェイラ監督になって出場機会を増やした興梠は鹿島のリーグ3連覇に貢献し、その後に浦和へ移籍してからは前線の万能選手として不動の地位を築き上げている。

 その成長を「彼が成功し、重要な選手になっていることが喜ばしい」と、指揮官は穏やかな笑顔で話した。記者会見の様子を伝え聞いた興梠は、苦笑いしながら「また、その話をしたんですか?」と声を発し、「7番手ってことはなかったと思うんですけどね」と語った。興梠によると、浦和に就任したオリヴェイラ監督は、その直後のミーティングでも選手たちの前で「7番手」の話をしたのだという。

 それでも、興梠にとってオリヴェイラ監督が恩師であることは間違いない。それは、ストライカーが発した言葉に十分すぎるほど表れていた。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング