元日本代表FW宮市亮、3度目の前十字靭帯断裂か 海外も騒然「悲運」「衝撃再び」

宮市亮、3度目の前十字靭帯断裂か【写真:Getty Images】
宮市亮、3度目の前十字靭帯断裂か【写真:Getty Images】

4月28日にU-23チームの試合で負傷 5月3日の関節鏡検査後に最終診断が下される予定

 ドイツ2部ザンクトパウリの元日本代表FW宮市亮は、現地時間4月28日に行われたリザーブチームの公式戦に出場するもわずか13分で負傷交代。クラブは右膝前十字靭帯断裂の可能性が高いと発表した。度重なる重傷で各国メディアも「悲運」「衝撃再び」と驚きを持って報じている。

 宮市はザンクトパウリ加入直後の2015年7月に左膝前十字靭帯を断裂。さらに復帰後の17年6月には右膝前十字靭帯を断裂した。今年3月にピッチに復帰したばかりだったが、U-23チームの試合でまたも負傷。そして、自身3度目となる膝の前十字靭帯断裂が濃厚になってしまった。

 ドイツ誌「キッカー」によれば、最終的な診断は木曜日(3日)の関節鏡検査後に下されるという。

 宮市の負傷は各国メディアでも取り上げられている。ドイツのスポーツ専門サイト「sport.de」は「ザンクトパウリの衝撃! ミヤイチ、再び十字靭帯だ」とスピードスターの負傷を報じ、ドイツ紙「ディ・ヴェルト」も「FCザンクトパウリは彼らのストライカー、リョウ・ミヤイチが長期離脱となるかもしれない」と取り上げた。

 かつて宮市がプレーしたオランダのサッカーメディア「voetbalzone」も、「ミヤイチの悲運。3年間で3度目の十字靭帯断裂」と伝えた。25歳の宮市を襲った悲劇の連続は大きな驚きを与えている。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング