【データ分析】ハリルJ「ラスト2戦」の真実 マリ戦で見えた“アフリカ対策”の意図と問題点

マリ戦で見えた、“アフリカ対策”の意図と問題点を分析する【写真:Getty Images】
マリ戦で見えた、“アフリカ対策”の意図と問題点を分析する【写真:Getty Images】

【欧州遠征の真実|前編】“仮想セネガル”のマリ相手に仕掛けたハリルホジッチ監督のチャレンジ

 4月9日、バヒド・ハリルホジッチ日本代表監督の解任と、技術委員長を務めていた西野朗氏の後任監督就任が併せて発表された。日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長からは解任理由についての説明が行われ、ハリルホジッチ監督と選手間のコミュニケーション上の問題、本戦での勝利の可能性を少しでも高めるためといったことが解任の主な理由とされた。

 それがJFA側の本音なのか、建前なのかは分からない。だがハリルホジッチ体制のラストマッチとなった3月のマリ、ウクライナとの欧州遠征2連戦を見れば、日本サッカー史上初となるワールドカップ(W杯)予選後の解任に至った“何か”が見えてくるかもしれない。

 分析を行う前提として、まずはW杯本大会まで約3カ月というタイミングで組まれた試合の位置づけについて考えたい。一般論で言えば、怪我やコンディション不良による未招集選手を除けば、8割方は本番仕様のメンバーを招集し、本大会のグループリーグで戦う相手を想定したチームと戦い戦術の確認を行うのが、W杯出場国がこの時期にテストマッチを実施する最大の目的だろう。

 ハリルホジッチ監督は3月23日のマリ戦、27日のウクライナ戦で先発メンバーを8人も入れ替えている。中3日での連戦はW杯本大会の第2戦と第3戦の間と同じ間隔だが(第1戦と第2戦の間は中4日)、今遠征の2試合は同じベルギーのリエージュ開催。移動距離が少ない分、この遠征の方が選手のコンディションは良いはず。そうしたなかでも大半のメンバーを入れ替えたのは、本番に向けたテストというより、ハリルホジッチ監督がいまだ選手選考で頭を悩ましていたのか、ここまで築き上げてきたスタイルを変えて戦うためにメンバーを変えなくてはいけなかったのか、そのどちらかだったと考えられる。

 2試合とも先発に名を連ねたDF長友佑都(ガラタサライ)、DF槙野智章(浦和レッズ)、MF長谷部誠(フランクフルト)を当確メンバーと仮定し、その他当落線上のメンバーで“仮想セネガル”のマリ、“仮想ポーランド”のウクライナといかに戦ったのか。データから分析してみたい。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  6. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  7. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  8. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  9. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  10. 日本×エクアドル、南野や古橋でもない…現地ドイツで“一番の歓声”を受けたのは?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も