Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

Jリーグ・国内  |  各国代表大会  |  日本代表

2017.09.04 (Mon)

日本代表MF井手口、飛躍的進化の舞台裏 G大阪監督やスタッフが明かす変化とは?


遠藤や今野、明神ら日本を代表するボランチ陣に揉まれ、チームに必要不可欠な選手へ

 

 日本代表がロシア・ワールドカップ出場を決めたアジア最終予選のオーストラリア戦。ピッチに立つことさえできれば、活躍するという予感はあった。それは今季、彼がガンバ大阪の一員としてJ1リーグで示してきたパフォーマンスに基づく、確かな予感だ。

 

 日本代表MF井手口陽介がG大阪のトップチームに昇格して4年。遠藤保仁、今野泰幸、明神智和(15年までG大阪に在籍/現在はAC長野パルセイロ所属)といった日本を代表するボランチの中で、日々の練習から揉まれ、圧倒され、物足りなさを感じながら成長を続けてきた彼は今季、遠藤や今野をも上回るJ1リーグ出場時間(1685分)を記録するほど、“必要不可欠な選手”へと成長を遂げた。7月末、彼に話を聞いた際の言葉が、脳裏に鮮明に焼き付いている。

 

「最近は、どんな相手でも『やれる』という自信が、自分にはっきりと存在している気がする。しかも、試合が進むにつれて高揚感が高まっていくような……ランナーズハイのような感覚で、体のどこにも疲れを感じない。90分を戦い終えても、まだまだ走れるなって思える試合も多い」

 

 その姿は、オーストラリア戦でも見て取れたはずだ。疲れが見え始めてもおかしくない試合終盤になっても、井手口は圧巻の運動量を発揮してピッチを縦横無尽に駆け、後半37分にはミドルレンジから驚異的な弾道のシュートをぶち込んだ。まさに“疲れ知らず”の彼が、埼玉スタジアムのピッチにいた。

 

1 2 3 4

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト