Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

Jリーグ・国内

2017.05.04 (Thu)

「くせえな、お前」 浦和DF森脇が鹿島MFレオ・シルバに侮辱発言か 小笠原「言葉の暴力」と憤慨


両軍入り乱れる騒動後、森脇がある言動をしたと小笠原が主張

 

 鹿島アントラーズの主将MF小笠原満男が、4日のリーグ第10節浦和レッズ戦の試合中に起こった両軍入り乱れる騒動について、浦和DF森脇良太が侮辱的な発言をしたと憤慨した。

 

 後半33分、浦和のDF槙野智章が自陣コーナー付近でボールをキープした鹿島MF土居聖真と競り合い、そこに浦和のFW興梠慎三も加わった。主審が笛を吹き浦和ボールとなったが、判定後に興梠が土居を突き飛ばしたことに鹿島側が猛抗議し、両チームがもみ合いになった。小笠原はこの直後、浦和の森脇がある言動をしたと主張している。

 

「レッズの森脇選手が、レオ・シルバ選手に『くせえな、お前』という言葉を発した。レオと話をして、彼はいつもそういうことを言うと。以前ウチにいたカイオやダヴィにも同じことを繰り返した」

 

 さらに小笠原は続けて「言葉の暴力だし、差別と捉えられてもおかしくない。検証してほしい。両者入り乱れて、L・シルバ選手が近づいた時に鼻を抑えるような、そういうジェスチャーもしている」と求めている。

 

 

 

1 2

<  前の記事 次の記事  >