Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

Jリーグ・国内

2017.04.29 (Sat)

闘莉王が称賛する二人の天才 中村俊輔と小野伸二の違いはどこにあるのか?


豪快ミドル弾の中村に敬意 「短期間でジュビロが100%俊輔さんのチームになった」

 

 ジュビロ磐田の元日本代表MF中村俊輔は、22日の敵地・鹿島アントラーズ戦で鮮やかなミドルシュートを決めた。J1通算70ゴール目となる一撃を決めた38歳のファンタジスタは、横浜F・マリノスから移籍して1年目で健在ぶりを示しているが、日本サッカー界において、その天才性は唯一無二だと証言する男がいる。

 

「これまでいろいろな選手を見てきたけれど、一番の天才は俊輔さん。自分は中田(英寿)さんとプレーしたことはないけれど、俊輔さんは本当の天才。個人的には、日本では一番の選手だと思う。誰も真似ができない」

 

 こう語ったのは今季からJ2の京都サンガF.C.でプレーする、元日本代表DF田中マルクス闘莉王だ。今季リーグ戦5試合5得点とDF登録ながらゴールを量産している闘将は、イビチャ・オシム監督、そして岡田武史監督が率いた日本代表で共闘した背番号10に敬意を示している。

 

「あの人の凄さは磐田の試合を見れば分かる。これだけの短期間で、ジュビロが100%俊輔さんのチームになっている。それが凄い。誰もが認めざるを得ない力を持っているからこそ、なせる業でしょう」

 

 

 

1 2 3 4 5 6

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト