Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

日本代表  |  海外リーグ

2017.03.22 (Wed)

「日本はもはや“皇帝ケイスケ”のチームではない」 海外紙がハリルJの新エースとして挙げた名は…


ミランで出場機会のない本田を酷評 「全てがうまくいっていない」

 

 バヒド・ハリルホジッチ監督が率いる日本代表は、23日にロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の敵地UAE戦を迎えるが、UAEが日本代表のなかで警戒する対象はすでにFW本田圭佑(ACミラン)やMF香川真司から、FW原口元気(ヘルタ)へシフトしている模様だ。UAE紙「SPORT360°」が報じている。

 

 同紙は日本戦に向け「日本と対戦する時に、ACミランにいる本田圭佑やドルトムントの香川真司にフォーカスするのは容易いことだろう」とした上で、この二人がUAEでも最も知られた存在であるとしている。

 

 しかし「それは間違いだ。彼らは昨年11月のサウジアラビア戦では、すでにスタメンの座を失っている」とした。特に本田については、すでに日本代表のエースではないとして現状をレポートしている。

 

「本田はこの最終予選で、UAEとの1試合で1点を取っただけだ。彼のクラブでほとんどプレーしていない“金髪のボンバー(点取り屋)”は、それ以来は全てがうまくいっていない。バヒド・ハリルホジッチ監督は、クラブでのプレー機会のなさによりこのゲームに呼ばないことまで考慮していた。これが意味するのは、日本はもはや“皇帝ケイスケ”のチームではないということだ」

 

 そして、今や日本代表の警戒すべきエースは原口だとしている。

 

 

 

1 2

<  前の記事 次の記事  >