英サッカー有名誌、日本代表に興味なし? W杯出場国紹介も…ハリル電撃解任知らず

日本代表を率いたハリルホジッチ前監督【写真:田口有史】
日本代表を率いたハリルホジッチ前監督【写真:田口有史】

監督欄にまさかのハリル登場 W杯決定までの道のりは「常に順調な旅ではなかった」

 ロシア・ワールドカップ(W杯)開幕を2カ月後に控え、世界各国のメディアで様々な展望企画が実施されている。そんななか、英サッカー専門誌「ワールドサッカー」も公式サイトでW杯出場国紹介を行っているが、電撃解任されたはずのバヒド・ハリルホジッチ前監督が指揮官欄に名を連ねるなど、“摩訶不思議”な内容となっている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

「ワールドサッカー」誌は英国で月1回刊行され、世界のサッカー事情を網羅する人気サッカー専門誌だ。しかし、19日に公開された「日本のワールドカップ日程、陣容、グループ、ガイド」と題したW杯出場国紹介では、チームに“いないはずの人物”が指揮を執ることになっている。

 企画では最初に予選を振り返り、「順風満帆ではなかったが、日本はやるべきことをやり、ロシアへの予選を通過した」と、1998年のフランス大会から6大会連続となるW杯行きを勝ち獲ったことに言及。「重要なゲームでは堂々たるパフォーマンスを見せるも、途中にはホームでUAEに敗れる困難もあった」と最終予選初戦のUAE戦(1-2)で敗れるなど、“山あり谷あり”だったと触れている。

 そして、W杯前の親善試合や本大会グループリーグのスケジュールを紹介したのち、監督欄が展開されるが、なぜか4月9日に電撃解任されたバヒド・ハリルホジッチ監督の名前が記されている。

「バヒド・ハリルホジッチ、65歳。ブラジル大会でアルジェリア代表を率い、2015年3月に八百長疑惑で解任されたハビエル・アギーレの後を引き継いだ。ビッグゲームで若いタレントを起用して成功を収めたが、常に順調な旅ではなかった」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング