元日本代表監督ハリル氏、解任数日後に中国クラブ打診か 「拒否しにくい高額オファー」

ハリル氏の電撃解任数日後に中国クラブが打診か【写真:Getty Images】
ハリル氏の電撃解任数日後に中国クラブが打診か【写真:Getty Images】

4月7日付で日本代表監督を電撃解任されたハリル 中国1部山東魯能が打診か

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ前監督は、日本サッカー協会(JFA)から7日付で解任を通達された。そして電撃解任劇からわずか数日後、中国1部リーグ山東魯能が高額オファーを送っていたという。クロアチアメディア「Index.hr」が伝えている。

【PR】DAZNでサッカーを楽しもう!初月の無料期間でまずは体験!

「バヒド・ハリルホジッチが拒否しにくいオファーを受けた」

 そう報じたのはクロアチアメディア「Index.hr」だ。6月にロシア・ワールドカップ(W杯)を控えるなか、日本サッカー界が揺れている。2015年3月から代表チームを指揮し、6大会連続W杯出場に導いたハリルホジッチ監督を電撃解任。その一報は世界中を駆け巡った。

 ハリルホジッチ前監督は不満を露わにしているとされるが、同記事では「日本での解雇からわずか数日後、ハリルホジッチは中国の山東魯能から巨額オファーを受けた」と伝えている。オファーを送ったとされる山東魯能は、1部リーグで三度優勝(2006、08、10年)を飾っているものの、近年はタイトルから遠ざかっている。

 過去にチームを率いた外国籍監督は多く、バルサやチェルシーでコーチを務め、アヤックスやパナシナイコスなどを率いたヘンク・テン・カテ氏もその一人。さらにカメルーン代表を率いたヴァレリー・ニポムニシ氏、クロアチア代表コーチやイラン代表で指揮したブランコ・イバンコビッチ氏、バルセロナやセルビア代表の監督を歴任したラドミル・アンティッチ、ブラジル代表監督を務めたマノ・メネーゼス氏、バイエルンやシャルケなどを率いたフェリックス・マガト氏など、錚々たる顔ぶれが並ぶ。

 現在は中国人のリ・シャオペン監督が指揮しているが、その後釜としてハリルホジッチ氏に白羽の矢が立ったようだ。記事では「ハリルホジッチが世界で最も才能のあるコーチの一人としてオファーした」と伝えている。

 ロシアW杯目前にしてフリーの身となったハリルホジッチ氏だが、果たして中国クラブからのオファーを受け入れるのか。その動向に注目が集まる。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング