“仮想日本”で臨んできたポーランドを韓国はどう見たか? 「背後を狙うプレーは効果的」

3月27日に韓国代表と対戦したポーランド代表【写真:Getty Images】
3月27日に韓国代表と対戦したポーランド代表【写真:Getty Images】

韓国が敵地でポーランドに2-3と惜敗 韓国メディアは攻撃面に一定の評価

 韓国代表が3月27日の国際親善試合でポーランド代表に2-3で敗れた。

【PR】DAZNでサッカーを楽しもう!初月の無料期間でまずは体験!

 前半にエースFWロベルト・レバンドフスキとFWカミル・グロシツキに決められて2-0で折り返し劣勢に立たされたが、韓国が後半40分にMFイ・チャンミン、同42分にFWファン・フィチャンのゴールで終盤に2-2に追いついた。だが、同アディショナルタイム2分にMFピオトル・ジエンリスキに決められて万事休す。結果的に韓国にとっては惜敗と言えるが、成果と同時に課題も浮き彫りになった試合だった。

 ポーランドは6月開幕のロシア・ワールドカップ(W杯)で日本とグループHで同居。今回の韓国戦を“仮想日本”として臨んでいたが、韓国メディアはそんな相手との一戦をどのように評価し、報じたのだろうか。

 経済紙「亜州(アジュ)経済」は、「欧州の壁は依然として高い」と、アジアとのレベル差に大きな開きがあることを指摘しつつも、積極的な動きで相手を翻弄した攻撃には一定の評価を与えていた。

 同紙は「相手の守備の後ろのスペースを狙うプレーは効果的だった。ハーフウェーライン付近からロングパスを使い、ソン・フンミンとファン・フィチャンのスピードを生かした攻撃が機能し、中盤での連携が上手くつながりチャンスが作られた。ファン・フィチャンのミドルシュート、パク・チュホのアシストからのファンのゴールは、本戦での光明と言える。総合力では劣るが、90分間にいくつかの得点チャンスを作り出せることは確認ができた」と、ポーランドを相手に一度は追いついた韓国の攻撃に期待を見出している。

page1 page2 page3

トレンド

ランキング