中島翔哉、“ポスト直撃クロス”で得点演出 3点差から怒涛の4ゴールで大逆転勝利

ポルティモネンセの中島翔哉【写真:Ana Borralho/Portimonense】
ポルティモネンセの中島翔哉【写真:Ana Borralho/Portimonense】

モレイレンセ戦で先発、後半19分にこぼれ球を拾ってゴールにつながるパスを供給

 ポルトガル1部ポルティモネンセに所属するMF中島翔哉が現地時間3月31日のリーグ第28節モレイレンセ戦に先発出場。ポスト直撃のクロスで2点目の起点となるなど、存在感を示し、チームも試合終了間際に逆転して4-3で勝利した。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNで、ポルティモネンセ・中島翔哉の活躍を見よ!

 本拠地モレイレンセ戦に先発した中島だったが、チームは劣勢を強いられた。前半38分に中島のファウルでPKを献上して先制を許すと、その2分後にはフランス人MFビレル・ウアシェリアにゴールを許し、2点のビハインドを背負った。

 しかし、ポルティモネンセも後半に反撃する。後半11分、途中出場のFWウェリントン・カルバリョのパスからFWホルヘ・ピレスがゴール。さらに同19分には、モレイレンセのGKとDFが交錯してボールがこぼれたところを、中島がペナルティーエリア内左でいち早く拾って中央へ折り返し。左足で放ったボールは左ポストを直撃し、ファーサイドにいたDFルーベン・フェルナンデスが押し込んで2-3と1点差に迫った。

 その後、後半45分にピレスがPKを決めて同点に追いつくと、アディショナルタイム4分には再びピレスがゴールを挙げてハットトリックを達成。後半に4得点を奪う怒涛のゴールラッシュで4-3と劇的な逆転勝利を飾った。日本代表の欧州遠征でデビュー&ゴールを決めた中島は“ポスト直撃クロス”でゴールに絡み、存在感を示した。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング