「我々はGL突破候補ではない」と認めたハリルの真意 “番狂わせ”に必要な準備とは?

日本代表を率いるバヒド・ハリルホジッチ監督【写真:Football ZONE web】
日本代表を率いるバヒド・ハリルホジッチ監督【写真:Football ZONE web】

W杯グループHでの厳しい戦いを予想 「偉業を成し遂げるには…」

 日本代表を率いるバヒド・ハリルホジッチ監督は、ロシア・ワールドカップ(W杯)本大会でコロンビア、セネガル、ポーランドと同居するグループリーグを突破する可能性は低いと認めたが、番狂わせの可能性もあると展望を語った。「偉業を成し遂げる準備をしなければならない」と、強烈なメッセージを発信している。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 ハリルホジッチ監督に率いられた日本代表はベルギー遠征を行っており、23日にマリ、27日にウクライナと対戦。それぞれ仮想セネガル、仮想ポーランドと位置づけられるこの2試合は、開幕まで残り3カ月を切った本大会に向けて貴重なテストの場となる。

 グループHに入った日本のライバルは、初出場でベスト8入りを果たした2002年大会以来の出場となるセネガル、2006年大会以来の出場となるポーランド、そして前回の14年ブラジル大会で日本に勝利したコロンビアという3カ国だ。今大会では優勝経験のある国が1カ国も含まれていない唯一のグループで接戦が予想されるが、その中でハリルホジッチ監督は「我々がグループリーグ突破の候補ではない」と明言し、厳しい戦いを覚悟した。

 しかし、その一方でサッカーには番狂わせが付きものだと語り、“偉業”を成し遂げるチャンスもあると語っている。

「その候補がいつも勝つわけではない。我々が偉業を成し遂げる準備をしておかなければいけない。相手はプレゼントしてくれない。そういう偉業にトライするには何をしなければいけないかは、選手に説明している」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング