サラーに史上最高額の298億円 レアル&バルサ、PSGの“三大巨頭”がオファー提示か

リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーに史上最高額の298億円【写真:Getty Images】
リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーに史上最高額の298億円【写真:Getty Images】

51億円でリバプールに加入も、ネイマールの292億円を上回る高額にまで市場価値アップ

 リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーは、目下プレミアリーグ得点王へ邁進中だ。そんな今をときめくストライカーに対し、レアル・マドリード、バルセロナというスペイン二大名門などが移籍金2億ポンド(約298億円)のフットボール史上最高額でオファーを出す可能性が浮上している。英紙「ザ・サン」が報じている。

「忘れていた!」そんなあなたにDAZNの見逃し配信を!

 今季セリエAの強豪ASローマからやってきたサラーは、公式戦41試合で36得点と衝撃的なペースでゴールを量産。加入当時の移籍金は3430万ポンド(約51億円)だったが、その価値は右肩上がりで上昇しているという。

 記事によると、レアルとバルサのスペイン二強に加え、パリ・サンジェルマン(PSG)も獲得を検討。移籍金はバルセロナからPSGに加入したブラジル代表FWネイマールの2億2200万ユーロ(約292億円)という史上最高額を凌ぐ、298億円まで価値が高まっていると紹介されている。

 リーグ戦28ゴールは欧州5大リーグでトップの数字。サラーはバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(25ゴール)をも上回る大ブレークぶりを見せている。

 リバプールを指揮するユルゲン・クロップ監督は「ローマでは圧倒的なストライカー、エディン・ジェコがいたので、よりウインガーとしてプレーしていた。誰もストライカーでプレーできるか分からなかった。我々も一歩一歩理解した。彼が中央でどんなプレーをできるのか分からなかったのだからね」と想定外の覚醒を証言している。

 メガクラブも視線を送る25歳サラー。その評価は日に日に高まる一方だ。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング