大迫勇也の2戦連続ゴールをケルン公式も称賛 「グレートタッチ」から左足一閃

レバークーゼン戦に先発出場した大迫は、リーグ戦2試合連続の今季4点目となる先制点をゲットし、2-0の勝利に貢献【写真:Getty Images】
レバークーゼン戦に先発出場した大迫は、リーグ戦2試合連続の今季4点目となる先制点をゲットし、2-0の勝利に貢献【写真:Getty Images】

レバークーゼン戦で先制点、左サイドからのクロスを受けて今季4点目

 ハリルジャパンのエースでケルン所属のFW大迫勇也が、シーズン終盤戦に向けて調子を上げてきている。現地時間18日に行われたブンデスリーガ第29節レバークーゼン戦に先発出場した大迫は、リーグ戦2試合連続の今季4点目となる先制点をゲットし、2-0の勝利に貢献した。最下位脱出を果たす勝ち点3をもたらした大迫に、クラブ公式サイトも賛辞を送っている。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 5試合連続のスタメン出場となった大迫は、前半9分に巡ってきたファーストチャンスをきっちりと生かした。MFレオナルド・ビッテンコートが左サイドを突破し、ラストパスを配球。マイナス気味にきたボールを大迫がスムーズに左足シュートに持ち込む。これを相手GKは一度セーブするもボールがラインを割り、ケルンにとっては喉から手が出るほど欲しい先制ゴールとなった。

 その後も大迫は得意のポストプレーと視野の広さを生かしたパスなどで、何度かチャンスを演出した。チームメイトがそのチャンスを生かし切れなかったものの、後半24分にFWシモン・ツォラーの追加点で勝負あり。クラブ公式サイトではマッチレポートで「納得できるパフォーマンス」、「ケルンはレバークーゼンのビルドアップを激しいプレスで止めにいった」と記した通り、不振にあえぐチームが今季見せた屈指の好内容だった。

 特に貢献度を高く評価されているのは大迫だ。先制点のシーンについては、以下のように記されている。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング