Jリーガーが韓国代表で定位置争い “離れ業”の鹿島GKを母国紙称賛「驚くべき瞬発力」

2戦連続PKストップを見せたGKクォン・スンテ、韓国紙が“W杯出場の可能性”に言及

 今季、早くも2試合連続PKストップという離れ業を見せたJリーガー守護神がいる。J1鹿島アントラーズに所属する韓国代表GKクォン・スンテだ。韓国紙「スポーツ朝鮮」はその働きに注目し、「ロシア・ワールドカップ(W杯)出場の可能性を高めている」と報じている。

 2月21日のAFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第2戦の水原三星戦では、MFレオ・シルバが相手を倒してPKを献上。だが、このピンチで立ちはだかったのがクォン・スンテだ。鋭い読みでシュートに反応し、ビッグセーブでゴールを死守した。この好プレーもあり、鹿島が2-1と勝利を収めている。

 その4日後の25日、J1リーグ開幕戦で清水エスパルスと対戦した鹿島は、またしてもレオ・シルバが相手を倒してPKを献上。だが、見事な読みで清水FWクリスランのキックをキャッチし、チームの窮地を救った。試合は0-0の引き分けに終わったが、同記事では「2試合連続PKセーブで驚くべき瞬発力を見せた」とGKクォン・スンテの反応速度を称賛している。

 2014年から3年連続Kリーグベストイレブンに選出されたクォン・スンテは、昨季鹿島に加入。開幕戦から出場を重ねたが、左母指MP関節脱臼で戦線から一時離脱し、その後は元日本代表GK曽ヶ端準に定位置を奪われて出場機会を失った。同記事も「昨季は物足りなさが残った。負傷離脱し、レギュラー争いで押されて(リーグ)12試合しか出場できなかった」と伝えている。

 

page1 page2

トレンド

ランキング