16歳FW久保建英は「NEXT中田英寿」 伊メディアが才能を高評価「ファンタジスタ」

伊メディアが「日本サッカー界のスター」として久保を紹介

 Jリーグ開幕が2月23日に迫るなか、今季注目トピックスの一つと言えるのがJ1・FC東京で15番を背負う16歳FW久保建英だろう。バルセロナ下部組織に在籍していた神童は早くから世間の注目を集めていたが、イタリアサッカー専門メディア「トゥット・メルカートウェブ・コム」が「ネクスト・ナカタ」と久保を特集。かつてイタリアで活躍した元日本代表MF中田英寿氏を引き合いに、若きアタッカーに触れている。

 久保は2016年11月5日のJ3第28節、AC長野パルセイロ戦でFC東京U-23の一員として15歳5カ月1日でJリーグデビュー。元日本代表FW森本貴幸(当時東京ヴェルディ/現アビスパ福岡)が04年に樹立した15歳10カ月10日の最年少出場記録を塗り替えた。また17年3月12日のJ3第5節のセレッソ大阪U-23戦では15歳10カ月11日でJリーグ最年少得点もマークし、同年11月にトップチーム昇格を果たしている。

 イタリアメディアは、かつてバルサ下部組織に在籍した久保を「日本で史上最年少デビューを飾った」と紹介。「日本サッカー界のスターの一人」と期待のタレントとして注目を寄せている。また「狭い局面でとても素早く動くファンタジスタ」と伝え、卓越したテクニックと機動力も高く評価しているようだ。

 6月4日に17歳の誕生日を迎える久保について、同記事では「役割:ファンタジスタ」「類似:中田英寿」と言及。ペルージャで頭角を現し、ローマでスクデット獲得に貢献するなどイタリアで特大のインパクトを残した“中田級のポテンシャル”と、サッカー大国のメディアは見ているようだ。

 FC東京のJ1リーグ開幕戦は24日、本拠地の浦和レッズ戦。16歳のアタッカーは今季初戦で華々しいプレーを見せてくれるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング