遠藤、宮本、播戸、山口、松代… “G大阪黄金期”の豪華8ショットが実現「当時が蘇る」

琉球へ移籍した播戸、G大阪時代の同僚である遠藤や宮本、山口らと再会して写真アップ

 大宮アルディージャから今季FC琉球へ移籍した元日本代表FW播戸竜二が自身の公式インスタグラムを更新し、かつての“黄金期メンバー”たちとの8ショットを公開し、ファンから「豪華」「最高のメンバー」「当時が蘇る」など反響が巻き起こっている。

 播戸は1998年にG大阪でプロデビューを飾り、コンサドーレ札幌やヴィッセル神戸を経てG大阪に復帰。2006年から2009年まで在籍し、2007年のナビスコカップをはじめ、天皇杯連覇(08、09年)などを経験。さらに08年にはAFCチャンピオンズリーグを制してアジアの頂点に立った。

 播戸は9日に自身のインスタグラムを更新。現在G大阪に所属する元日本代表MF遠藤保仁をはじめ、G大阪U-23を監督として率いる元日本代表DF宮本恒靖、G大阪U-23ヘッドコーチの元日本代表DF山口智、G大阪U-23GKコーチの松代直樹、スタッフらと再会し、G大阪黄金期を知る豪華8ショットが実現した。

 播戸は「ガンバで一緒にプレーした仲間やスタッフと一緒に戦い、カップを掲げた記憶と友情は永遠です!! ツネやサトシや松代さんがコーチにいるなんて、なんか不思議な感覚でした」と記している。また、38歳の播戸と遠藤はまだ現役でプレーしており、「ヤットと俺はまだまだ頑張ります」と新シーズンに向けて意気込んでいる。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング