史上最も面白いPKの一つ? “まるで5歳児キック”に世界騒然「観客に驚きもたらした」

トルコ2部ギレスンスポルのブラジル人MFドドがPK失敗、地元メディアが動画アップ

 トルコカップ準々決勝第1戦が現地時間1月31日に行われ、トルコ2部ギレスンスポルは同1部フェネルバフチェに本拠地で1-2と敗れた。この試合で最も注目を浴びたのは結果ではなく、「史上最低のPK?」と海外メディアが指摘したプレーだ。

 試合は前半26分、フェネルバフチェがトルコ代表MFメフメト・トパルの一撃で先制。リードを許したギレスンスポルだったが、後半7分に同点のチャンスが到来する。

 PKを獲得したギレスンスポルは、30歳のブラジル人MFドドがキッカーを担当。ゆっくり始動すると、小刻みなステップを刻みながら相手GKの重心をじっくり観察し、右足を振り抜く。その甲斐あってか、GKが動いた方向とは逆方向にシュート。ところが、軸足で相手GKを惑わそうとしすぎたのかバランスを崩し、肝心の右足はしっかりとミートせず、ボールは力なくゴール右へと外れた。

 トルコメディアの「Tribun Dergi」は、そのシーンの動画を公式ツイッターで公開。「ためらい、よろめき、こすり、そして失望に満ちた短い動画」と紹介している。また英紙「ザ・サン」は「史上最も面白いPKの一つ」として、「ボールに向かってダンスした後、彼の右足はスタジアムの観客全員に驚きをもたらした」と記した。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング