乾貴士はエイバル監督の“キーマン”と称賛 「ボールを持てば危険なシーンを作り出す」

スペインメディアが、7位に躍進するエイバルの原動力として乾を紹介

 2017年は各国リーグで多くの日本人選手が奮闘した。そのなかでも特に白眉だったのは、エイバルの日本代表FW乾貴士だろう。シーズンを通じてレギュラーの座を守り、印象的なゴールを叩き込んだ。ホセ・ルイス・メンディリバル監督からの評価も高いが、スペインのサッカーメディア「VAVEL」も“メンディリバルのキーマン”として乾を評価している。

 バスクの小さな町であるエイバル。2017-18シーズンも1部に所属し、トップリーグでの冒険は4シーズン目を迎えた。クラブ史に残る躍進を続け、17試合を終えた今季も7位に位置しているなかで、キーマンとして取り上げられているのは乾だ。

「ドリブル、パス、幅広い視野でエイバルに大きく貢献している。チーム内で数多くのゴールを決めているわけではないにもかかわらず、イヌイは常時ゲームに関与し、影響力を及ぼしている」と昨季最終節のバルセロナ戦、敵地カンプ・ノウで2ゴールを決めた乾の攻撃面が称賛されている。

 

page1 page2

トレンド

ランキング