「サンキュー」 “モウ様”の息子が大興奮、バルサのクラシコ勝利にユニ姿で歓喜の投稿

バルサが3-0でレアルを下し、モウリーニョ監督の息子「ジュニア」が注目のツイート

 リーガ・エスパニョーラの二大巨頭、レアル・マドリードとバルセロナの「エル・クラシコ」が現地時間23日に行われ、敵地に乗り込んだバルサが3-0の快勝を飾った。この一戦はスペイン国内のみならず世界中で注目を集めるマッチアップとなったが、かつて両チームで指揮を執った“あの名将”の愛息がSNSで意外な投稿をしている。

 試合序盤はFIFAクラブワールドカップ王者のレアルが、積極的なプレーぶりでバルサに後手を踏ませた。しかし、バルサも後半に入って修正。ウルグアイ代表FWルイス・スアレスの先制点を皮切りに、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシのPK、後半アディショナルタイムにはメッシのラストパスを途中出場のDFアレイクス・ビダルが決める一方的な展開となった。レアルとしてはPK判定となったスペイン代表DFダニエル・カルバハルのハンドによって“ゲームオーバー”となってしまった。

 この試合は各地で注目されていたが、意外な人物がSNSで1枚の写真をアップロードしている。それはジョゼ・モウリーニョ・ジュニア、現マンチェスター・ユナイテッド監督のジョゼ・モウリーニョの愛息だ。「サンキュー、また次会う時まで 3-0」と短い文章とともにアップロードした写真は、今季のバルサのユニフォームを着た自分が鏡に映った姿だった。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング