C・ロナウド、バルサ戦で衝撃の空振り 大失敗に海外騒然「そうそうお目にかかれない」

0-0で迎えた前半10分、ロナウドが左足を振り抜くもミートできずに空砲

 レアル・マドリードは23日、本拠地サンチャゴ・ベルナベウで行われたバルセロナとの“エル・クラシコ”で0-3と敗れた。エースのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドも不発に終わったが、前半の失態が脚光を浴び、「大失敗」「信じがたいミス」と海外メディアも驚きを持って伝えている。

 試合前はコンディション面が不安視されていたロナウドだったが、本拠地バルサ戦に先発出場。爆発が期待されたなか、0-0で迎えた前半10分にビッグチャンスが訪れる。レアルは左サイドへ展開すると、サイドバックのブラジル代表DFマルセロが前方へパス。抜け出したドイツ代表MFトニ・クロースがドリブルで持ち込んでエリア内に侵入すると、中央で待ち構えるロナウドへラストパスを供給した。

 相手のマークを振りほどいたロナウドはフリーの状態を作り出しており、グラウンダーのパスに対して左足を一閃。スタジアムの観衆だけでなく、世界中のサッカーファンも固唾を呑んで見守った場面で、エースFWは左足を振り抜いた。ところが強烈にミートするはずのボールは、意外にも足をすり抜けて後方へ。まさかの空振りでチャンスをフイにしてしまった。

 序盤の好機を逸し続けたレアルが後半に3失点を喫して大敗したことで、ロナウドのシュートミスにも注目が集まっている。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング