優勝祝賀会で前代未聞の“全裸トロフィー”パフォーマンス 過激行為を海外メディア非難

ノルウェーのリールストロムがカップ戦優勝、28歳MFが祝賀パーティーで衝撃の全裸に

 ノルウェーの国内カップはリールストロムSKがサルプスボルクに3-2で勝利し、2007年以来6度目の優勝を飾った。しかし、その優勝祝賀パーティーで前代未聞の全裸トロフィーパフォーマンスを行った選手に非難が殺到している。

 問題のパフォーマンスをしたのは、今季チームに加入した28歳のMFアレクサンダー・メルガルヴィス・アンドレアッセンだ。右サイドなら中盤も最終ラインもこなす28歳はチームの中心選手の一人として今季カップ戦で6試合3得点と結果を残し、決勝にもスタメン出場して優勝に大きく貢献。そんな彼がチームの祝賀パーティー会場で話題をさらった。

 スーツに身を包んだ選手たちがステージ上に並ぶなか、メルガルヴィスはその中心で音楽に合わせて軽快にダンス。次々と服を脱ぎ始めると鍛え上げられた上半身を見せるにとどまらず、ズボンや下着まで脱いでカメラマンも大挙する前で全裸に。終いには優勝トロフィーを自身の股間に当ててドヤ顔を決める過激なパフォーマンスを披露した。会場は大いに沸いたものの、後に非難が集まって海外メディアもこぞって取り上げる始末となっている。

 英高級紙「ガーディアン」は「ノルウェーカップの祝賀会での全裸パフォーマンスでリールストロムに非難が集まる」と見出しで紹介。英紙「テレグラフ」は、「リールストロムの選手はノルウェーカップ優勝の祝賀会で自身の性器をトロフィーに入れて批判される」と報じている。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング