「W杯16強進出予想」で日本がH組本命! 「恐れのない勤勉なチーム」と米紙1位評価

各グループ順位を大胆予想 スペインとポルトガルのB組は「死の組ではない」

 2018年6月に開幕するロシア・ワールドカップ(W杯)の組み合わせ抽選会が、現地時間1日にロシアの首都モスクワで行われ、1998年フランスW杯から6大会連続出場の日本はポーランド、セネガル、コロンビアと同じグループHに入った。抽選結果を受けて各国メディアの報道は早くもヒートアップしているが、米紙「USA TODAY」は一足早く全8グループの順位を大胆予想。そのなかで日本は、1位通過という意外な高評価を獲得している。

 同紙はまず必見の5試合をセレクト。開幕戦のロシア対サウジアラビアをはじめ、強国同士のポルトガル対スペイン、ドイツ対メキシコ、ベルギー対イングランドを選出した。また、11月14日の国際親善試合でアルゼンチンに4-2と勝利したナイジェリアの再戦も、「再びアップセットが起こり得る」としている。

 各グループに目を移すと、グループAでは「期待を上回った」というロシアが対戦相手に比較的恵まれたと見ているようだ。ウルグアイはタレントを揃え、「エジプトとサウジアラビアも過小評価すべきではない」と記している。予想は1位ロシア、2位ウルグアイ、3位エジプト、4位サウジアラビアとなった。

「死の組に近いが実際はそうではない」というグループBは、ポルトガル対スペインのイベリア半島対決の行方が大きく影響しそうだ。予想では1位スペイン、2位ポルトガル、3位モロッコ、4位イランとなった。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング