バロテッリがリバプールでリーグ戦初ゴール 試合終盤に決勝点

 

■右足で完璧に合わせる

 リバプールのイタリア代表FWマリオ・バロテッリが、10日のトットナム戦の後半38分にプレミア移籍後、リーグ戦初ゴールを決めた。これが決勝点となり、リバプールの3-2での勝利に貢献した。

 バロテッリは2-2で迎えた後半29分にイングランド代表FWダニエル・スターリッジと交代で途中出場。イングランド代表MFアダム・ララナのクロスに右足で完璧に合わせた。

 昨夏に移籍金1600万ポンド(約30億円)でACミランから加入したバロテッリは、リーグ戦でゴールを決められず、ピッチ外でも相変わらず問題を起こして不要論がささやかれていた。

■面目躍如の一撃

 だが、この試合では来季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)進出を目指すチームに価値ある勝ち点3をもたらした。アメリカ人オーナー、ジョン・ヘンリー氏がスタンドで観戦する中、かつて欧州屈指のストライカーと期待された男が面目躍如の一撃を決めた。

 リバプールのアシスタントコーチを務めるコリン・パスコー氏は、英国営放送BBCの試合後のインタビューで「マリオは練習でいつもハードにトレーニングしてきた。最近は病気になり、足の打撲でスパイクを履くこともできなかったが、彼は努力を続けた。そして、それに値するゴールも決めた。彼が決勝弾を決めてくれて、本当に嬉しいよ。自分の役割を理解し、実践してくれた」と絶賛。スランプに苦しんでいたバロテッリの復活を心から喜んだ。

 リバプールは勝ち点を42に伸ばし、来季の欧州CL出場圏内となる暫定4位アーセナルとの勝ち点差を3に詰めた。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング