インザーギ監督がインフルエンザ感染で王者ユベントス戦前日会見を欠席

大一番を控えて待たれる回復

 ACミランのフィリッポ・インザーギ監督は、7日の首位ユベントス戦前日の記者会見をインフルエンザに感染したため欠席した。セリエA3連覇中の王者との対決を前に、チームが不安要素を抱えることとなった。
 インザーギ監督の代役として記者会見にはアシスタントコーチのマウロ・タソッティ氏が出席し、こう語った。
「ユベントスは、厳しい対戦相手。難しい試合になるが、勝つ希望はある。自分たちの試合をしよう」
 ミランは1月のリーグ戦で勝ち星なしという1941年以来のスランプに苦しんできた。だが、前節パルマ戦に3-1で勝利し、2015年初白星を飾ったばかりだった。
 今季リーグ戦5位以内に入り、来季のヨーロッパリーグ出場権を獲得できなければ解任とも地元メディアで報じられているインザーギ監督。王者との決戦までの回復が待望されている。
【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング