連覇狙うチェルシー、吉田のパートナー引き抜きへ コンテ監督が最終ラインの強化熱望

ユーベDFボヌッチからオランダ代表DFファン・ダイクに方向転換

 プレミアリーグ王者のチェルシーが、サウサンプトンで日本代表DF吉田麻也とセンターバックコンビを組むオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクの引き抜きに動いているという。英紙「スタンダード・イブニング・ニュース」が報じている。

 チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、1年前と同様にイタリア王者ユベントスのDFレオナルド・ボヌッチを最も獲得したい選手として調査していたという。ユベントスやイタリア代表を指揮していた頃から最大限の信頼を寄せてきたセンターバックは、今季ユベントスのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準優勝に大きく貢献していた。

 しかし、ボヌッチ獲得の移籍金は最も安くても6000万ユーロ(約74億円)とされ、方針転換を余儀なくされたという。そこで、同じプレミアリーグでプレーするファン・ダイクに白羽の矢が立った模様だ。

 来季のチェルシーはリーグ連覇を見据えるなか、CLも戦う過密日程が決まっている。今季はマンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督などから「チェルシーは日程が楽」などと快進撃に水を差すような言葉を浴びせられただけに、真価が問われるシーズンになる。

 コンテ監督はそのシーズンを乗り切るために、最終ラインの補強は何としても必要だと考えている模様だ。果たして、吉田のパートナーはプレミアのチャンピオンチームにステップアップすることになるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング