大岩監督、パリ五輪代表18人は「昨日最終決定」 松木玖生の選外には言及せず「選ばれた選手の話を」

U-23日本代表を率いる大岩剛監督【写真:河合 拓】
U-23日本代表を率いる大岩剛監督【写真:河合 拓】

都内で会見を開いた

 日本サッカー協会(JFA)は7月3日、東京都内で会見を開き、大岩剛監督率いるパリ五輪代表メンバー18人を発表した。オーバーエイジ(OA)枠3人の起用は2008年の北京五輪以来、3度目のゼロ。サプライズ選出はなかったが、MF松木玖生(FC東京)が選外となる驚きがあった。大岩監督は18人を決めたタイミングは「昨日が登録の期限だったので、最終決定をした」と、前日2日に決めたことを明かした。

 今大会は主に最終予選を兼ねたU-23アジアカップメンバーを中心に構成された。同大会メンバー以外は6月のアメリカ遠征で招集されたオランダ1部スパルタ・ロッテルダム所属の三戸舜介とロンメルSK所属の斉藤光毅。そのなかで、大岩監督は「タイミングは、昨日が登録の期限でしたので、昨日、スタッフ全員でミーティングをして、最終決定をした流れです」と、前日2日に決定したことを明かした。

 また、松木が選外となった点に関しては「今回選ばれた選手たちの話をぜひさせていただきたいと思います」と、詳細を話さなかった。

 大岩ジャパンは4月から5月に行われたアジア最終予選を兼ねたU-23アジアカップ(カタール)で優勝を遂げてパリ五輪切符を獲得。アジア王者として五輪に臨み、グループDで24日にパラグアイ、27日にマリ、30日にイスラエルと対戦する。

 1968年メキシコ五輪以来、56年ぶりのメダル獲得へ――。大岩ジャパンの挑戦が幕を開ける。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド