レアルからバルサへ スペイン代表MFが禁断の移籍? かつての同僚が歓迎「彼が来てくれれば…」

今季限りでレアル退団の可能性が高まるイスコ バルサDFアルバが移籍呼びかけ

 レアル・マドリードのスペイン代表MFイスコは出場機会の少なさから今季限りで移籍する可能性が高まっている。そんななか、バルセロナのスペイン代表の同僚ジョルディ・アルバが禁断の移籍を呼びかけている。スペイン地元紙「スポルト」が報じた。

メッ、C・ロナウド、ポグバら世界最高峰のプレーをチェック! スポナビライブでプレミア&リーガ全試合ライブ配信【PR

 イスコは将来を嘱望されながらも、タレント揃いのレアルにあって、現在はレギュラーの座を手にすることができていない。今季限りで退団の可能性が高まるなか、移籍先候補として白い巨人の宿敵バルセロナの名前も報じられている。22日に故郷のロスピタレート・デ・リョブレガートで行われたイベントに出席したアルバは、去就問題が浮上するイスコに移籍を呼びかけた。

「全てのいい選手は歓迎されるんだ。僕はバレンシア時代から彼を知っている。彼が来てくればありがたい。でも、今チームにいる選手に集中しなければいけない」

 バレンシアで2010年シーズンにチームメートだったイスコの加入をアルバは大歓迎した。レアルとバルサはそのライバル関係から、両クラブ間で選手が動く場合には「禁断の移籍」と呼ばれる。2000年に当時ポルトガル代表FWルイス・フィーゴはバルセロナからレアルに移籍したが、バルセロナで経営していた日本料理屋が激怒したバルササポーターに破壊されるほどの被害が及んだ。カンプ・ノウでの凱旋試合ではスタンドから豚の頭が投げつけられるなど遺恨が生まれた。

 アルバの誘い通りに、イスコは禁断の移籍を果たすのか。今夏の移籍市場でも2クラブの因縁はさらに深まるかもしれない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング