C・ロナウドがTVドラマでアンジェリーナ・ジョリーと共演へ 将来的な俳優業転身も!?

シリア難民が題材のドラマ、トルコ南東部で撮影予定

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、シリア難民を題材にしたテレビドラマに出演し、女優のアンジェリーナ・ジョリーと共演することが明らかになった。衛星放送「スカイ・ニュース」が報じている。

 4月に放送される連続ドラマ「ハヤト・コプルス」は、シリアの家族が内戦での苦しみを乗り越えるというストーリー。トルコ南東部にあるシリア国境付近の都市ガジアンテップで撮影される予定だという。

 このドラマに、ロナウドが登場することが決まったという。同ドラマを撮影するエヤップ・ディルリク監督は、「世界中の俳優と女優が出演することになります。クリスティアーノ・ロナウド、アンジェリーナ・ジョリー、ナンシー・アジュラム(アラビア音楽界のスター)も含みます」と語ったという。

 ロナウド自身はかつて俳優業への転身に意欲を示していた。2016年2月に自身の立ち上げた下着メーカーのイベントでは「俳優に転身? もちろん。現時点では目的ではないけれど、いくつかのオファーは受け取っているんだ」と語っていた。

 1月に自身4度目のバロンドールを受賞したロナウドはホテル業などの副業も展開しているが、今後はエンタメの世界に身を投じていくのかもしれない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング