内田篤人氏、韓国ラフプレーに見解「足裏入ってない」 日韓戦一発レッド回避に賛否

危険なタックルを受けたU-23日本代表の川崎颯太【写真:Getty Images】
危険なタックルを受けたU-23日本代表の川崎颯太【写真:Getty Images】

後半序盤、韓国選手の危険タックルで一触即発の状況に

 パリ五輪を目指すU-23日本代表は、4月22日にアジア最終予選を兼ねたU-23アジアカップのグループリーグ最終戦で韓国と対戦し、0-1で敗れた。後半序盤には日本の選手に対し足裏タックルが見舞われる場面も。ラフプレーに対しイエローカードにとどまった判定に対して、SNS上では賛否の声が相次いだ。

 問題のシーンが発生したのは後半9分だった。中盤のルーズボールに反応したMF川﨑颯太に対して、MFキム・ドンジンが足を高く上げたうえに足裏を向けて突進。ファウル判定となった瞬間、危険なプレーに日本選手が一斉に猛抗議すると、両チームの選手が一触即発の状況になったが、深刻な対立に発展することはなくプレーが再開された。

 主審はキム・ドンジンにイエローカードを提示。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入もなく進められた場面においては、危険プレーに対するジャッジとしてSNS上ではさまざまな意見が噴出。「これは有り得んよ」「一発レッドだと思った」といったものや「VAR介入無しは正しい」「足裏全然入ってない」との指摘も上がった。

 試合を中継したテレビ朝日では元日本代表の内田篤人氏、松木安太郎氏が解説。問題のシーンにおいて内田氏は「足の裏向けてかなり高く行ってましたね」と言及すると松木氏は「レッドカード出てもおかしくないよね」と反応した。それでも内田氏は「ただ、足裏がしっかり入っていない」と首を傾げた。

 実際の場面を振り返ると、キム・ドンジンは足裏を向けてボールにチャレンジした際、川﨑のつま先からスパイクの側面にかかと付近が接触。相手にヒットしてはいるものの思い切りよく直撃したかといえば、議論の余地を残す面もあった。危険極まりないことは事実だが、騒然となったシーンで内田氏は冷静な視点からジャッジの行方を見ていた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド