レアルの18歳神童エデゴーがヘーレンフェーン移籍! 日本代表MF小林とチームメートに

18年夏まで1年半契約も、成長次第でレアルが買い戻す

 レアル・マドリードの18歳神童アタッカーが、日本代表MF小林祐希のチームメートとなる。ノルウェー代表MFマルティン・エデゴーがオランダ1部へーレンフェーンへの移籍が決まったと、へーレンフェーン公式サイトが伝えている。

 エデゴーは15歳にしてノルウェー代表にデビューし、16歳でレアルに加入。将来を嘱望されたものの、FWクリスティアーノ・ロナウド、FWギャレス・ベイル、MFルカ・モドリッチ、MFトニ・クロースら各ポジションに超ビッグネームが居並ぶ“白い巨人”の分厚い選手層もあって、Bチームのレアル・マドリード・カスティージャでのプレーが続いていた。

 昨年11月30日のスペイン国王杯デポルティーバ・レオネッサ戦にフル出場したものの、今冬で新たな修行先を見つけるのではないかと見られていた。その有力候補の一つとされていたヘーレンフェーンが、現地時間9日夜に獲得を正式に発表した。

 

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング