劣勢から…日本代表「股抜き2連発」圧巻ゴール 鮮やかすぎる一撃に称賛止まず「芸術点高い」

南野拓実が前半で2ゴール【写真:ロイター】
南野拓実が前半で2ゴール【写真:ロイター】

1-2とリードを許していた日本、前半45分に遠藤と南野のコンビで同点弾

 日本代表は1月14日、アジアカップのグループリーグ初戦でベトナム代表と対戦。前半に両軍合わせて5ゴールが生まれる展開となったなか、MF遠藤航のパスからMF南野拓実が決めたゴールに注目が集まっている。

【PR】ABEMA de DAZNで欧州サッカー生中継!伊東・鎌田ら注目の日本人選手所属クラブの試合を一部無料生中継!

 試合は前半11分、コーナーキック(CK)からこぼれ球をDF菅原由勢がシュートし、さらにこぼれたところを南野が押し込んで日本が先制。しかし同16分にCKから同点弾を献上すると、同33分にはフリーキックの流れから逆転ゴールを奪われた。

 1-2と劣勢になった日本だったが、前半45分に遠藤と南野が見せた。左サイドから崩すなか、相手ペナルティーエリア前でボールを受けた遠藤は相手の股下を通す絶妙なパスを通す。ボールを受けた南野はエリア内で冷静にコントロールし、シュートを放つとこれも相手の股下を通過してゴールに吸い込まれた。後半には途中出場のFW上田綺世がゴールを決めて日本が4-2とリードを広げた。

 一時劣勢のなか、2連続の股抜きから日本のゴールが生まれ、「新旧リバプールのホットライン」「さすがの遠藤」「鮮やか〜! ダブル股抜き!」「デ・ブライネかよ」「芸術点高い」と、SNS上で称賛の声が続出していた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング