ベルギー1部内定の神村学園DF、8強敗退で“力不足”痛感 悔しさの先に見据える未来「財産と言えるように…」【高校選手権】

神村学園の吉永夢希【写真:徳原隆元】
神村学園の吉永夢希【写真:徳原隆元】

近江が後半アディショナルタイムに勝ち越し弾で勝利

 第102回全国高校サッカー選手権は、1月4日に準々決勝が行われた。浦和駒場スタジアムの第2試合で神村学園(鹿児島)は近江(滋賀)との点の取り合いに3-4で敗戦。卒業後にベルギー1部ゲンクに加入することが決まっているU-17日本代表DF吉永夢希は1ゴールを挙げたものの、チームを勝たせるプレーができなかったと悔やんだ。

【PR】ABEMA de DAZNで欧州サッカー生中継!伊東・鎌田ら注目の日本人選手所属クラブの試合を一部無料生中継!

 序盤から神村学園が攻撃回数を増やしたが前半12分に不用意な失点を喫した。それでも前半の内にFW西丸道人が同点ゴールを奪うと、吉永は前半22分にサイドチェンジのボールと受けるとペナルティーエリア内深くまで切り込み、ほとんど角度のないところから狙ったシュートがGKの意表を突きゴールに吸い込まれ2-1と逆転に成功した。4分後には吉永の強烈ミドルを相手GKが弾いたところに味方が詰める決定機を迎えたが、枠を外してしまった。

 後半は吉永のいる左サイドではなく、逆サイドから一気に近江の攻勢を受けた。防戦一方になり同点ゴールを許したが、直後にU-17日本代表MF名和田我空が直接フリーキックで同点ゴール。プロ内定の西丸とU-17代表の2人がゴールを奪ったが、試合の流れを取り戻せずに押し込まれて逆転負けを喫した。

 吉永は試合を「力不足だった」と振り返った。神村学園には昨年、卒業後のドイツ行きが決まっていたFW福田師王が所属していた。今大会を同じような立場でプレーした吉永は「師王さんは対策されながらでも点を取ってチームを勝たせてくれた。自分はそれができなかった。この大会を通過点に、この大会が良かった、財産になったと言えるように海外で結果を出したい」と話した。

 攻撃参加のタイミングで見せた左足からの鋭いクロスや強烈ミドルは目を見張った。高校生の中に入れば177センチの身長も高く見えたが、今後はそうしたフィジカル的なアドバンテージは感じられなくなる環境に飛び込むことになる。2月に18歳の誕生日を迎えたタイミングで正式な加入となるが、まずはセカンドチームでの活動からになる。

 悔しさを表情に見せながらも「まずはしっかりベルギーで、セカンドチームからいち早くトップに行きたい。最終的にはA代表が目標」と話した。ストロングポイントの左足をヨーロッパでもアピールするために守備面などの改善点が多いとも話す吉永だが、神村学園から2年連続での欧州直行便のキャリアを成功させることが期待される。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング