久保建英は「無傷」 アジア杯での“欠場”を現地メディア指摘「国際舞台で輝ける絶好の機会」

レアル・ソシエダで活躍する久保建英【写真:ロイター】
レアル・ソシエダで活躍する久保建英【写真:ロイター】

現地メディアが報道

 スペイン1部レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英は、現地時間12月21日のラ・リーガ第18節カディス戦(0-0)で相手選手から悪質なファウルを受け物議に発展。脇腹を殴られたうえ、腕を掴まれながら投げ飛ばされる蛮行を受けながらも相手は厳罰処分なしなど判定を巡っても議論を呼んだ。肋骨にひびが入っている可能性も指摘されていたなかで、スペインメディア「EL GOL DIGITAL」は「損傷を負っていないことを確認し、安堵のため息をついた」と、報道している。

 年内最終戦となったカディス戦でスタメン出場した久保は前半終了間際、相手MFルベン・アルカラスと対峙した際に脇腹を殴打される被害を受けた。これに苦悶の表情を受けうずくまる様子がありながらも、アルカラスにはイエローカードすら提示されなかった。現地メディアによれば、この場面で久保の肋骨にヒビが入った可能性も指摘されていた。

 さらに後半39分、またも蛮行ファウルの被害に。ボールを持つ久保に対し、アルカラスがマークに付くと腕を掴まれ振り回すように投げ飛ばされた。ハンマー投げを彷彿させる反則を受けた久保は激昂。アルカラスにはイエローカードが提示されたが、乱暴さが際立つ悪質な反則と言えた。

 そのなかで、「EL GOL DIGITAL」は「主要選手の1人である久保建英が肋骨に損傷を負っていないことを確認し、安堵のため息をついた」と報道。「久保が重傷を負う可能性についての憶測は完全に消え去った。日本人は何の問題もなく、追加の検査を受ける必要もなく、短い休暇期間をスタートした。この事実は彼を攻撃の柱の1人に据えているチームにとって素晴らしいニュースだ。久保は無傷」と、ソシエダと日本代表にとっての朗報を伝えた。

 さらに、「チームの戦術計画における久保の関連性を考慮すると、レアル・ソシエダにとって久保の負傷の欠場は極めて重要。フィールド上での彼の存在は、ラ・リーガでのクラブの目標にとって極めて重要だ」と、その存在感の大きさを改めて指摘。また、来年1月のアジアカップでの離脱にも触れ「この大会は久保にとってチームでの欠場は注目に値するが、国際舞台で輝ける絶好の機会となる」と、アジア王者のタイトル獲得がもたらす効果にも注目していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング